海外のシアリス人気

海外のシアリス人気

先に販売されている海外での状況とは?

日本では2007年に発売されたシアリスですが、海外では一足先に2002年に登場しています。意外なことにオーストラリアが一番最初に発売された地です。レビトラと販売時期が近いため第二世代、第三世代という枠組みがあまりないかもしれません。ですので人気に火が着くのが早くバイアグラに代わりメジャーなED治療薬として知られることとなりました。

その証拠として世界シェア1位という実績を持ち、今日に至っています。シアリスはなぜ海外で人気が高いのでしょう?やはり今までとは毛色の違う効果がそれを後押ししているとのことです。

バイアグラ、レビトラとは違う特徴で人気

バイアグラ、レビトラとは違う特徴で人気

何と言ってもシアリスと言えばその効果持続時間。およそ36時間も勃起促進効果が続くのですから、終わるまでそれを受けなければ損になります。海外の男性は特にパートナーを大事にします。人前であってもそれは変わりません。たまに目にする外国人のカップルを思い浮かべてみて下さい。密着度が高くこちらの方が恥ずかしくなってしまいますがそういったことが愛情の深さに繋がります。つまり効果が一日中続くシアリスとニーズが合致しています。

もう1つの特徴として食事をしても効果があまり下がらないという点です。これはすなわちどのタイミングで飲んでも大丈夫ということになります。他のED治療薬の場合空腹でなければ期待できる効果は現れませんでした。食事による影響が強く出てしまうからです。しかしシアリスは違います。たとえ食後であったとしても効果は変わりません。この点は海外のユーザーにも好評で、もちろん日本のユーザーも注目している点です。

安心して使用できるシアリス

安心して使用できるシアリス

海外、特に欧米の男性は日本人と比べて体格の大きい人が多いので20mgの処方が主流です。そのため36時間の効果を味わえその日はパートナーと楽しむということを日常的に行っているのでしょう。副作用の発現も少ないので一番強い効力だとしてもそのリスクは非常に低いです。ですので安心して使用が出来るという点も好評なのかもしれません。

また海外でもシアリスのジェネリックは人気です。近年の日本もジェネリック人気が高まっていますが海外も同様です。価格差はどの国であっても気になるものです。さらにいえば海外の医薬品はジェネリックのほうが主流です。抵抗の無さも広く流通している理由ではないでしょうか?